ビジネスグランドワークスの評判⑤

仕事のプライオリティが身に付いた

どうやって効率的な仕事を実践するべきかに迷いが生じていた中堅社員。
その問題を解決するための研修の依頼をお願いしました。
まだ成果が出ていないので、研修効果の判定はできませんが、行動力という面では仕事のプライオリティを判断するスピードアップが図れた感じがしています。
継続的に研修を重ねると、もっと違った変化が期待できるのかもしれません。

ビジネスモデルが学べました

研修委託が当たり前の時代。
トップダウンな経営管理が浸透していた自分の会社に、新たな風を吹かせてくれたのがビジネスグランドワークスでした。
自分で考えて未来のビジョンを持つことは、それなりに筋書きを考えるまでの発想力が無ければなりません。
こうした柔軟性を出すためにも、仕事の情報を瞬時に把握し、そこから次の展開を考えなければならないため、大変な研修でしたが受けて良かったです。
ビジネスにおける基本理念の再学習は、これからすべきことのアイデアにも活用できました。

デフォルトな研修とは全然違った

研修という概念を大きく覆すような体験は、仕事をしてきた中で一番の衝撃でした。
とにかく参加者が主体的に行動することがビジネスグランドワークスのスタイルのようで、実践ありきな時間が過ぎていきました。
こんな体験はあまり無かったので、自分以外にも戸惑いを見せていたことはたくさんいました。
研修が終わる頃には環境にも人にも慣れてきたので、他部署の社員との交流も図ることができました。
一般的な研修とは違った感じが、インパクト大な時間を作り出していました。

説明よりも行動して学ぶスタイル

考える暇なく講師の説明を聞いて実践するという、研修としてはハードな内容でした。
我慢強い人であれば実りある経験が積めるかもしれませんが、体育会系ではない自分にとっては辛いものでした。
もっと頑張って成長し、もう一度同じ研修を受けてみたいものです。

成長のためのステップとしては必要

今では先輩や上司からも教えてもらうことが少ない社会人としての常識的概念。
それをじっくりと時間をかけて学ばせてくれるのがビジネスグランドワークスの研修です。
こんなことも時間をかけるのかと驚きましたが、掘り下げていくと自分の知識の浅さが身に染みてわかりました。
こうした反省ができるというのは、成長のために必要なエッセンスだと思います。
そこに特化したからこそ、世間からのニーズがあるのでしょうね。

社会性を再度学びなおすことができる機会

学生時代もバイト経験があったので、まさかこんなにも応対のマナー指導を受けるとは思ってもいませんでした。
確かに、正式なビジネスマナーって本で学習したり、バイト経験の中で培ってきたものだったので、細かく指導されたのは良かったです。
知らず知らずのうちに相手に失礼な応対をしていたことにも気づけたのでゾッとしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする