ビジネスグランドワークスの評判⑩

実践的なテクニックが中心の研修

前の会社でビジネスグランドワークスの研修を受け、新たな会社に入って再び受講の機会がありました。
前は研修内容が挨拶やマナーといった新入職者向けだったので指導が厳しかったのですが、今回は実践的なテクニックが中心の研修でした。
勉強していたつもりの知識が新たに修正されて、自分の普段の仕事ぶりを振り返ることもできました。
こんな研修ならもっと学びたいと思うのでしょうね。

弱点を克服したいと思っている人が参加した方が良い

ビジネスグランドワークスの評判はネットで色々見てきましたが、私が感じた印象としては、メリットの方が大きかったような気がします。
確かにキツイと思う時間帯もありますが、それは自分がそこまで成長していない証拠。
弱点を克服したいと思っている人が参加するには、きっと受講する意義が感じられるのではないでしょうか。

プロ根性を叩き直された研修は、人間的にも一回り成長できます

短期間の研修で見違えるほど成長したと言われたのは、おそらくビジネスグランドワークスから受けた指導の効果なのかもしれません。
社会人一年目といっても、相手にとっては企業を背負っている営業マンの一人としかわかりません。
だからこそ、お客様に恥ずかしくないオペレーション技術が必要なのでしょう。
プロ根性を叩き直された研修は、人間的にも一回り成長できたはず。

内容が濃い研修でした

テンポよく進む研修は、メモを取るのも大変なくらいに勉強したいことが詰め込まれていました。
もう少し長期的な研修だったら、覚えておけることも多かったでしょうね。
実戦形式で接客のシミュレーションを行っていくのは、自分だけでなく他者の観察にも繋がる時間でした。
普段は人の対応を見ることが少ない職場なので、「もっとこうした方が良いかもしれない」というイメージを作るのに役立ちました。

缶詰め状態の研修

缶詰め状態の研修は、苦痛という印象が真っ先に感じられました。
とは言っても同期とコミュニケーションを図ることができるチャンスでもあったので、絆を深め合うことができた研修だと思います。
講師の熱弁は企業を成長させようという意欲に満ちていて、若干「アツい」と口走ってしまいました。
そんなふざけた口調は一蹴されるほど、勢いのある研修を受けました。

知っていて当然という知識から新しい発見があった研修

知っていて当然という知識の確認から、こんな風にすれば良かったのかと思えるような発見までが体験できるビジネスグランドワークス。
研修の質は高いと評価されるのがわかる気がしますよね。
でも、きっとコスト面での負担は大きいのでしょう。
会社も依頼を渋り、理事会でようやくGOが出たということは、今までの社員研修よりもお金がかかっているのだと推測されます。
ただ、お金をかけるだけのことはあると思いましたよ。

実践を重ねたのは初めての体験型研修

一切の無駄口を叩くことなく仕事に明け暮れたというのがビジネスグランドワークス研修の感想でしょうか。
あんなに真面目に講師の指示に従って実践を重ねたのは初めての体験。
同僚は「怠い」と言っていましたが、仕事で上にあがりたい自分にとっては必要なスキルが学べたので満足です。
あとは結果を残すだけです。